ここから本文です

書籍販売

一般書店ではゲットできない、ふくおかNPOセンターオススメの書籍です。

ぼうさいをハッピーにするWORK BOOK

表紙_ハピぼう.jpg
A4判 27P

ここ数年来、全国各地で自然災害が発生している中、その備えとして、「防災」・「減災」に かかわる取り組みが、地方自治体や地縁組織、社会福祉協議会などがリードする形で行わ れています。しかしながら、むしろこうした機会に全く参加し得ておらず、地縁組織等と も接点を持ち得ていない住民が多く、いざという時の備え十分とは言い難いのが実態です。 また、このような “声なき声” となっている住民層(サイレント・マジョリティ、サイレント・マイノリティ)は防災・減災に限らず、地域活動や自治体の住民参加手続にも全く接 点がないままであり、今後この層はますます増大するものと推測されます。
そこで、楽しさを前面に押し出した「ハッピー」な防災の取り組みを推進するために、動員型ではない多様なアプローチでの防災・減災のプログラムづくりのためのワークブック を発行しました。これまでの方法論を検証・刷新されたい関係者にご活用いただき、声なき声の層との接点を増幅させ、自助も共助も充実した地域づくりにつながれば幸いです。
こで、その貴重なトークの内容をより多くの方々と共有させていただくべく、冊子としておまとめしましたので、是非お買い求めいただければ幸いです。

●タイトル  「ぼうさいを Happy にする WORK BOOK」
●価 格  500 円(税込)
●仕 様  A4判 ・ 27 ページ
●発行元  Happy ぼうさいプロジェクト
                (事務局:ふくおかNPOセンター)


●備 考
このワークブックを用いた講師派遣や事業サポート等も承っております。

すてきつなぎ手になろう! 〜くらし×○○ つなぎの手帖

tunagi.jpg
A4判 33P

くらしのこまりごとが多種多様となる中、地域のさまざまな人のつぶやきに 日ごろから耳を傾け、その思いに寄り添いながら出会いの準備をしておくことこそ わたしたち支援者に求められる役割です。

「越境」して考え、動き、出番をつくるような出会いを演出する。

そんなすてきなつなぎ手が、もっといろんな場面で増えたらという願いを 込めて、この度「くらし ×○○ つなぎの手帖」を発行しました。
さまざまな事例を踏まえたノウハウや、現場で使えるワークシートなど この一冊があれば、きっとすてきなつなぎ手になれること請け合いです。

●タイトル  「くらし×○○ つなぎの手帖 〜すてきなつなぎ手になろう〜
●価 格  500 円(税込)
●仕 様  A4判 ・ 33 ページ
●発行元  日本 NPO センター ・ ふくおかNPOセンター

●備 考
この手帖を用いた講師派遣や事業サポート等も承っております。

みんなで展望!くらしのこれから、NPOのこれから。【 絶 版 】

fnc2012.jpg
B5判20P

 

2012年4月21日(土)、福岡市内で 「みんなで展望!くらしのこれから、NPOのこれから」 なるイベントを開催しました。(報告記事:http://goo.gl/aQ1Fo
今年は、当センターの設立10年にもあたるため、これからのくらしとNPOの道程を皆さんと検証・展望する良き節目となればという考えから企画しましたところ、NPO・企業・行政の各セクターより多くの方々にご参加いただきました。
 
とりわけ、第一部として行ったラウンドトークでは、NPO・地域・企業・行政の4つのセクターのキーパーソンの方に登壇いただき、おそらく10年後に手にとっても色褪せないとおぼしきキーワードを多くいただきました。
 
そこで、その貴重なトークの内容をより多くの方々と共有させていただくべく、冊子としておまとめしましたので、是非お買い求めいただければ幸いです。

定価¥500

著者:特定非営利活動法人ふくおかNPOセンター

知っておきたいNPOのこと

book-1_npo.jpg
A5判70P

NPO支援センター関係者でまとめた「信頼されるNPOの7つの条件」をはじめ、NPOの基礎知識から、他のセクターとの協働などまで幅広い切り口を凝縮した一冊。2004年8月発行、2008年6月第3版(増補)。

定価¥500

著者:日本NPOセンター

知っておきたいNPOのこと2【資金編】

book-2_npo.jpg
A5判 56P

NPOについて離れない命題が「資金調達」。資金源が多様であるだけに、調達の手法や留意点のノウハウは欠かせないところです。この本には、そういったエッセンスがコンパクトに分かり易くまとめられています。

定価:¥500

著者:日本NPOセンター・まちづくり情報センターかながわ

知っておきたいNPOのこと3【協働編】

book-3_npo.jpg
A5判 56P

NPOと自治体職員有志の共著。「協働」なる文言が見られない自治体はないといっても過言でないところですが、今一度、協働の意義や留意点を捉えたい方におすすめです。他セクターとの連携を志向する方は必携!

定価:¥500

著者:日本NPOセンター・NPO活動推進自治体ネットワーク
  協働を進めるための行政職員の意識改革研究会

 

これからのSR―社会的責任から社会的信頼へ

book-4_SR.gif
A5判 48P

さまざまな社会的課題を背景に、社会を構成する多様な組織間で、共に対話を図りながら連携して課題解決に取り組む”協働”への期待が高まっています。私たちNPOも、今の時代、今ある地域において何を為すべきか、我が組織はどのような像を目指すべきか・・・など、今一度、自ら展望を立てながら見つめなおすべき時機ではないでしょうか。
企業セクターで、企業の社会的責任(CSR)に着目する動きがある中、組織の社会的責任(SR)という考え方で、NPOとしての活動・運営のあり方を考え直す契機ともなりうる一冊です。

構成


第1部 概論
第2部 SRの基礎を学ぶQ&A
第3部 事例に学ぶ・地域ぐるみですすめるSR
 
執筆者
CSOネットワーク 黒田かをり
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 川北秀人
大阪ボランティア協会 水谷 綾
ダイバーシティ研究所 田村太郎
国際協力NGOセンター 下澤 嶽
日本NPOセンター 新田英理子
難民を助ける会 堀江良彰、吉澤有紀

定価:¥700

著者:社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク

ご購入に際しましては、郵便振替によるご入金をお願いしております。また、送料のご負担もお願いいたします。
お申込やご質問は、お問い合わせフォーム をご利用ください。

寄付受付 入会のご案内 メルマガ配信

Twitter